不動産購入の商談は心理合戦

10年前にマンションを購入しました。

そのマンションは新築でしたが完成済で、いわゆる売れ残りを安く売りさばいている状態でした。

そのため値下げ交渉ができて、本来4000万円の部屋が3500万円で売り出されていて、それを交渉で3200万円までもっていけました。

決まりかけていたときに、上の階でもう少し広い部屋が3800万円で売り出されていました。条件的には上の階の方が良く、間取りも気に入っていたため、その部屋を3300万円で売ってくれないかと交渉したところ、営業の人から絶対無理です!と冷たくあしらわれ諦め、最初に検討した部屋を契約しました。

しかし契約したとたん、その上の階がなんと売り出し価格が3500万まで下がりました。実際そこからさらに値引きするのでしょうから、きっと私の購入価格と変わらない値で売ったと思います。それで新居が決まったというのにしばらくは悔しい思いをしました。

上の階の値下げを無理!と言われたときに諦めずに、「では購入をやめます」くらいのことが言えていたらきっと違っていただろうと、本当に不動産購入の商談は心理合戦だと実感しました。