• 0120-4-81072

成功する不動産売却

成功する不動産売却

1.不動産取引 全体の流れ

住まいを売却するためには、信頼できる不動産会社との出会いが大切です。

不動産会社の情報を幅広く収集して、親身に相談できる、お客様の状況をきちんと理解し、サポートしてくれる不動産会社とおつきあいすることが大切です。

一般的な不動産売買における流れをご説明します。

 

不動産取引

⼀般的な不動産業者の場合、ほとんどの不動産仲介会社が売り⼿と買い⼿から⼿数料をとる両⼿取引になるように誘導しています。

両手取引は、売主と買主の間に1つの不動産会社のみが入ります。不動産の所有者から売却を依頼された不動産会社が、自ら買主を探してきた場合です。両手仲介取引の場合、不動産会社は売主からも買主からも両方から仲介手数料を報酬としてもらえるため、単純に言えば、利益が倍になるおいしい取引です。

2. 成功売却のための3つのポイント

不動産を売却する上で、成功するためには3つのポイントがあります。

1)複数の販売手法を理解する

2)「囲い込み」に注意する

3)不動産会社の誘導に注意する

1)複数の販売手法を理解する

不動産を高く売るために重要なポイントなのは、市場にいる買主(検討者)すべてに情報を広く発信することで「競争の原理」を働かせることですが、ほとんどの不動産会社は上記の「両手取引」になるように、販売手法を1つしか提示されないことが頻繁に起きています。

市場にいる買主(検討者)すべてに情報が行き届いていないため、より高く、良い条件で売る検証ができていません。

2)「囲い込み」して儲けようとしている

「囲い込み」とは、本来、レインズに登録することで、市場のお客様に幅広く情報が行き渡るようにしますが、これを登録せずに、自社のお客様を優先して販売しようという活動です。

また、 他の不動産会社からの問い合わせがあっても、「すでに申し込みがあります。」や「この物件は現在ご案内ができません」など実際の商談の有無に関わらず他社からの内覧希望を断ってしまい自社のお客様に優先的に販売しようという行為です。

3)不動産会社の誘導に注意する。

不動産会社から次のような「キーワード」が出てきたら要注意。

不動産会社の誘導に注意してください。

仲介業者が月々のノルマを達成したいためだけで、取引の成立を焦らすだけの行為。実際に月内契約だからといって取引に全く影響はない。

だから!?「両手取引をしたいから、自社のお客様に優先して紹介させてください」といっているようなもの…。本来は一般公開をして、より好条件のお客様を探していくことが必要。

瑕疵担保責任とは一定期間、設備などの修繕責任を追う責任のこと。このフレーズをたくみに使い、業者買取を促されないように注意。

マンションであれば多少あるかもしれないが、そもそも、市場公開価格と買取金額に開きがあるためじっくりと検証が必要

ローン特約を付ける際、銀行の事前承認をあらかじめ取得してから契約するため、取引に影響はない。業者買取、大幅な値段交渉をするときに使われるキーワード。

Ⓐ売主⇒Ⓑ買主(業者)⇒Ⓒ買主(個人)と売買がされる。当然Ⓐは安く売ることに、Ⓒは高く買うことになる。メリットがあるのはⒷの買取業者とこの取引を促した不動産仲介業者。

不動産パートナーズの想い

不動産パートナーズでは、以下のことを推進します。
1,不動産売却に対して最大限の選択肢を提示し、お客様に選択していただきます。
2,不動産市場全てに情報が行き渡るようし、購入における競争原理を創り出します。
3.不動産取引に関する理解を深め、各種諸費用の適正価格を把握します。

不動産パートナーズは不動産取引の在方を革新する

これまで大手を中心に暗黙の了解で行われていた、業界の悪しき風習を、一つずつ変え、業界に新たなスタンダードを創っていくという想いを大切に、現在では、不動産売買累計実績1000件を超えるまでに成長してきました。「不動産取引の在り方を革新する」…この想いを軸に私たち不動産パートナーズは今日もお客さまに 真に寄り添ったご提案をしていきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

不動産に関するお問い合わせは、下のフォームにご入力のうえ、送信してください。
なお、内容により返信できない場合や、返答までに日数を要する場合がありますので、予めご了承ください。

 

    ご相談内容 (必須)
    不動産売却不動産購入資産運用・相続その他